SSブログ
前の10件 | -

聖霊2008年度ブログトップ

平成20年度(2008年度)版 聖霊中学校高等学校ブログ


聖霊中学高校についてのQ&A

本校のブログは、オーストラリア海外研修参加生徒の保護者の皆さまに、現地の様子を現地からほぼリアルタイムで報告することを目的として開設しました。事前の学習や予備情報提供、お楽しみクイズなどから、秋の現地校来日の際も学校での様子などをお知らせしてきました。本文内のリンクは当時のままですので、リンク先が消滅していることもあり得ます。また、一定期間で自動的に広告リンクが表示されます。その都度修正しますが、ご了承下さい。  


2009大学入試 [進路指導]

いくつかの週刊誌で高校別大学合格者数が掲載されています。
本校が「全国トップ」に入るとは思っておりませんが、今回「2045校」の仲間に入れていただきました。
人数が微妙に異なっている部分もあり、追加しておきたい部分もあり、
この機会に国公立大学と主な私立大学の合格者数をお知らせします。
(私立大学の人数には指定校推薦の合格者を含めておりません。)

【国公立大学】
岐阜大学 1
岐阜薬科大学 1
高知大学 1
国際教養大学 1
信州大学 1
名古屋市立大学 1
横浜市立大学 2

【主な私立大学】 (指定校推薦をのぞく)
上智大学 2
立教大学 2
法政大学 2
北里大学 1
聖心女子大学 2
白百合女子大学 1
立命館大学 5
同志社大学 1

タグ:大学受験
nice!(1) 

聖霊中学高校 オーケストラ部 日独文化交流演奏旅行(ファイナル) [自主活動]

これよりフランクフルト空港に向かい、
チェックインをして名古屋直行便にて帰国します。
昨日は、1日短縮組が一足先に無事に帰国しており、安心しております。

さて、このブログもこれを以て現地からの最終メッセージとなります。
写真はインターネットの環境の問題で送信できませんが、ご容赦下さい。

■最終前日

とうとうヨーロッパ滞在の最終日となってしまいました。
今日はフランクフルトで観光とショッピングです。
フランクフルトという町は現代的な建物と、歴史的建造物とが混在する、
これまでに訪れた町にはない雰囲気がありました。

空を見上げると上空を飛行機がのぼってゆく姿を見かけたのも、
フランクフルトならではといえるでしょう。
日本で待っているみんなのためにお土産をしっかり買って、
帰国の準備も万事整いましたが、今やみんなの心はヨーロッパを去りがたい気持ちでいっぱい。
「帰りたくないよ~」という言葉が、何度も何度も交わされた一日でした。

胃腸等の関係で昨夜、1名ほどドクターにかかりましたが、
事なきを得て全員揃って帰国します。

出発日:09時20分

nice!(0) 

聖霊中学高校 オーケストラ部 日独文化交流演奏旅行(6) [自主活動]

ドイツでの演奏会も無事に終わり、今日(29日)は一日リラックスして観光を楽しみました。
まず午前中にローテンベルクを訪問。
ここは中世の町並みがそのまま残っており、城壁の中に一歩足を踏み入れると、
木組みの家、石畳の道、細い路地と、まるで別世界に来たようでした。

午後にハイデルベルクに着いたころには青空が広がり、心なしか暖かくもなってきました。
ここもまた景色の美しいところで、ネッカー川の流れを眺めながら橋をゆったりと渡ったときは、
頬に風が心地よく、なんとも晴れやかな気持ちになりました。

さてホテルに戻り、一日早く帰国する高三生にとっては最後の夜となりました。
夕食時には今回の旅行をふりかえって、また卒業生にむけてのはなむけとして、
ささやかなお別れの会が開かれました。
さすがに感極まった卒業生のみなさん。
涙、涙です。さようならヨーロッパ。そしてさようなら、聖霊オーケストラ部!

送信時刻
日本時間:14時59分(30日月曜日)
現地時間:06時59分(同日)

nice!(0) 

聖霊中学高校 オーケストラ部 日独文化交流演奏旅行(5) [自主活動]

3月28日土曜日(発信:29日朝)

第二回目のコンサートはドイツのアーレンという場所にて開催しました。
昨日に比べて、JPOメンバーの顔や彼らの担当楽器を覚えたためか、
聖霊生の方から積極的に話しかけたり、
写真を撮らせてもらったりする姿が見られるようになってきました。

今日の演目は、シンプル・シンフォニー、フィンランディア、そして合同曲の威風堂々。
さらにフライパンを使ったかわいらしい曲も演奏し、お客さま方に大変喜ばれました。
もちろん米倉先生のトークには笑いと拍手喝采が。
アンコールを求める拍手がなりやみませんでした。
夜遅い本番で大変な面もありましたが、またとない経験をすることができました。

アーレンの町並みと、「時には説教」と題されたミーティング風景
アーレンの町並み(土曜日午後).JPG時には説教.JPG

第2回コンサートの様子
第2回 コンサート1.JPG

第2回 コンサート2.JPG

演奏後の風景です
第2回 コンサート 最終挨拶.JPG第2回 コンサート 終了後1.JPG
nice!(0) 

聖霊中学高校 オーケストラ部 日独文化交流演奏旅行(4) [自主活動]

第1回コンサートも大盛況にて終了しました。

本番前の様子です。
第1回 コンサート 本番前.JPG第1回 コンサート 本番前2.JPG

コンサート本番の様子。下の画像は会場の皆さんとの合唱の様子です。
第1回 コンサート1.JPG
第1回 会場の皆さんと大合唱.JPG
nice!(0) 

聖霊中学高校 オーケストラ部 日独文化交流演奏旅行(3) [自主活動]

3月26日木曜日
今日はいよいよ国境を越えて交流の地ドイツへと向かいました。
途中、ミュンヘンに立ち寄り、レジデンツを見学。
そして午後4時ごろエルワンゲンに到着しました。

さっそくリハーサルにとりかかったのですが、実は旅行中、なかなか楽器に触ることができなくて、
多くの子が久しぶりに楽器に触れたのです。
みんなはまるで水を得た魚のごとく!?そして不安を解消すべく猛然と練習をし出しました。
しかし楽器の方も旅疲れしたのか、なかなかピッチが合いません。
チューニングを何度も何度も丁寧にやりました。なんとか明日の本番までに楽器が安定し、
みんなの勘も戻ってほしいところです。

夜には交流相手であるJPO(現地オケ関連及びコンサート関連)の関係者と
指揮者のレンツ先生が歓迎のあいさつにきてくださいました。
そしてなんと、レンツ先生が急遽私たちのリハーサルに加わりマイスタージンガーを指揮してくださったのです。
みんなはもう、ハラハラドキドキ。
しかしレンツ先生が表現していることをよく感じとって、渾身の演奏をすることができました。
さらにレンツ先生からもお褒めの言葉をいただきました。明日はいよいよ本番ですが、
レンツ先生の指揮でみんなの気持ちはますます高まったようです。

サウンド・オブ・ミュージックのロケ地にて
soundofmusic.JPG

レジデンス(日本の伊万里焼が保管されています)
レジデンス(ミュンヘン).JPGレジデンス日本の伊万里焼.jpg

道中で誕生日を迎えたMさん(添乗員のKさんとと共に)
birthday.jpg
nice!(0) 

聖歌隊 卒業記念コンサート [自主活動]

本校聖歌隊の卒業記念コンサートがひらかれました。
中区にある3月15日「宗次(むねつぐ)ホール」という、
座席も310席と比較的小さいですが新しいホールです。
最前列の客席は演奏者と間近に対面するくらいの位置で、
マイク無しでも、2階席まで一人ひとりの歌声が大きく響いていました。

まずは中学聖歌隊。
学年毎のかわいい選曲による合唱からスタートです。
高校聖歌隊はうって変わってドイツ語による本格的な小品を唄いました。
昨年の全日本合唱コンクールの課題曲だった曲です。

やはりメインのプログラムは先日卒業したばかりの高校3年生。
ミュージカル「メリーポピンズ」を素敵な演技力で披露してくれました。
一人ひとりの歌唱力は勿論、ダンスも、
チームワークのとれた出来映えでとても美しかったです。
笑い狙いのセリフも折り込まれていて、
会場がドッと沸く場面も有りました。

最後には在校生達が卒業生のために、
感謝を込めて替え歌として送る、別れの歌が披露されました。

その、一節を紹介しましょう。

[るんるん]
今この声が続く限り ここでずっと唄を歌うよ
たとえ声がかれてきても キミの傍らで唄を歌おう
ただ「アリガトウ」じゃ伝えきれない
泣き 笑い 悲しみ 喜びを 共に分け合ったこの仲間
いくつもの日々を越えて キミに贈る 別れの唄   [るんるん]

追記(3月30日):卒業生から画像を送っていただきましたので紹介します。
seikatai1.JPGseikatai2.JPG
nice!(0) 

聖霊中学高校 オーケストラ部 日独文化交流演奏旅行(2) [自主活動]

■3月25日(水)
今日で演奏旅行は早くも4日目を迎えました。
毎日があっという間に過ぎ去ってゆきます。
そろそろ疲れが出るころかなと思っていたら、ボリューム満点の食事のお陰か、
どの子もとても元気です。顔がちょっと丸くなってきたかなという子も。

さて今朝はウィーンを去り、ザルツブルクへと向かいました。
午前中は専ら移動に時間を費やしましたが、
車窓から見える広大な自然を楽しむことができました。
ザルツブルクではモーツァルトの生家や大聖堂などを見学しました。
そしてウィーンとはまた違う歴史や文化を至るところで実感することができました。
ウィーンでは比較的暖かく、天候にも恵まれていましたが、
今日は小雪が舞い散る中での散策となり、
やや寒かったものの、雪のザルツブルクもまた素敵でした。


写真を見る


nice!(0) 

聖霊中学高校 オーケストラ部 日独文化交流演奏旅行(1) [自主活動]

昨年の聖歌隊に引き続き、今年はオーケストラ部が、
4年に1度のヨーロッパ演奏旅行へと3月22日日曜日に旅立ちました。

日本時間:24日火曜日15時35分、現地時間:24日火曜日07時35分に、
引率教員からのメッセージ第1便が届きましたので紹介させていただきます。

■3月22日(日)
ついにやってきました、憧れの土地ヨーロッパへ!
約12時間飛び続けた飛行機がフランクフルトの空港に着陸したときは
思わず歓声と拍手がわきあがりました。
しかし旅はその後も続きます。次はウィーン行きの飛行機に乗り換え、
ようやくホテルに到着したのは日本時間で午前5時ごろのこと。
さすがに長~い一日で眠気が私たちを襲いますが、
音楽の都にやってきたという興奮もあって、みんなとてもうれしそうです。
心配された大型楽器も大きな損傷なく届けられました。
明日からいよいよヨーロッパでの生活が始まります。
実り多い旅行となりますように。

■3月23日(月)
ウィーンの市内観光でまず訪れたのはシェーンブルン宮殿です。
宮殿内のいくつかの部屋に入るたびに、みんなの口からはため息が漏れていました。
中には「こんな立派なベッドで寝たら、かえって落ち着かないかも!」という声も。
午後はシュテファン大寺院やケルントナー通りなどを巡り、
夜はフォルクスオーパーで『魔弾の射手』を鑑賞。
少人数のグループではありましたが、
フォルクスオーパーのオーケストラに所属されている日本人バイオリニストとお話をする機会をもつこともできました。
音楽を職に第一線で活躍されている女性の姿は、
生徒たちにとって憧れの存在として映ったに違いありません。
本当にたくさんの刺激を受けることができました。

本日も元気よくスタートできそうです。


旅行者から以下のような情報もいただいております。
成田空港に於ける航空機事故に関連して、
保護者の方々から旅行社に問い合わせがあるようです。
「該当の事故とは全く関係なく、生徒たちは至って元気です。」
との報告をしていただいていますのでご安心下さい、とのことです。
nice!(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます